MENU

筋トレを行えば痩せると考え、毎日トレーニングをしても一向にダイエットに繋がらないことがあります。これは多くの方が誤解していることですが、筋トレをすれば痩せるのではなく、身体に筋肉を付けることによって基礎代謝を上げることがそもそもの目的なわけです。

 

ですから、いくらダイエットのためと言って筋トレを実践しても、食べる量が多ければ太ることは避けられません。つまり、1日の消費カロリーよりもオーバーして食べれば、太ることになりかねないわけです。痩せるためのダイエットをするには、基本的に食事を摂る際、カロリーオーバーしないということが最も重要になります。

 

多く食べればそれだけ余分な脂肪が溜め込まれることになりますから、まずは新たな脂肪を付けないようにすることが基本となります。それに加えて、基礎代謝を上げることで痩せやすい体質に改善しようというのがダイエットに繋がる筋トレの役割ですから、この点を誤解しないようにしなければなりません。筋トレは、あくまでも食事制限の次に大事な要素として考えた方がいいでしょう。しかし、食事制限は太ることを避けるための手段ですから、今の体重よりも痩せることを目指す場合は、筋トレが有効になってきます。

 

ここで肝心なことは、筋肉を付ける筋力トレーニングは、確かに基礎代謝を上げる働きをもたらしますが、それだけではダイエットに繋がらないということです。実際に痩せるためには、消費カロリー以上のカロリーを摂取しないように心がけ、その上で筋トレを行うことがポイントになります。効率よく筋肉を付けるためには、ダイエット中も身体に必要な栄養素を摂る必要がありますから、食事と筋トレの両方に気を配ることが大切です。